杉うら・接骨院スタッフブログ

清須市・尾張新川のほねつぎ、杉うら・接骨院で勤務しているスタッフのブログ
<< 半月板 | main | 開幕 >>
ネット記事

こんにちは。

柔道整復師の川合です。

 

先日、ネットニュースを閲覧中、こんな見出しを見つけました。

 

『50m走 転んでないのに骨折…今、子どもの体に何が?』

 

記事の内容は、空き地などの遊び場が減ったことや

テレビゲームやスマートフォンなどの登場で、

子どもたちが体を動かして遊ぶ機会が減り、

さらに、エレベーターやエスカレーターなどの普及で、

日常生活の中でも体を使う場面が減ったことで

体力はあるけれども、その力をうまく組み合わせることができず、

今まで考えられないような原因で

骨折などの大きな怪我をする子供が増えた。

といった内容でした。

 

又、ある特定のスポーツのみを幼いころから行うことは

体の特定の部分を中心に使うケースが目立つ為、

その箇所だけが発達 または損傷したり、

子どもたちが「やらされる」ように感じる為、

全身を使った遊びを体験させることの方が

大切だと説いていました。

 

 

子供の大きな怪我(骨折)が増えたのは

医学・医療機器の進歩により

今まで見つけることが困難であった損傷が

見つかるようになった事も

大きな原因の一つなのではないかと思われますが、

スポーツは成長期を終えた大人が

楽しむために考え出されたものが多い為、

成長期の子供たちの心や身体には

過剰なストレスとなる事もあるようです。

 

 

個人的にはスポーツから学ぶことも多いと思っているので、

ある特定のスポーツのみを幼いころから行うことには

賛成も反対も しにくいなぁ・・と思っています。

 

最終的には、「何事も適度が肝心」ということで

収まってしまうのかもしれません。

 

 

| sugiura-bs | - | 15:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.sugiura-bs.jp/trackback/996
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE